家を高く売るなら住宅の価値を知る

不動産の査定価格について

家を高く売るには所有している住宅の価値を知る事が大事

家を高く売るなら、自分の家がどのくらいの価値があるのかを知っておかないと絶対に高くは売れません。そもそもどのくらいの価値があるかわからないと、いくらで売っていいかもわかりませんし、本当に売れるのかも想像ができないと思います。

自分の思った通りに家が売れるのはそうなに簡単な事ではありません。多くの場合が、相場付近での売却もしくは低い価格での売却になっている現状を知っておいた方がよいでしょう。

家の価値を知らないと失敗する可能性大!

家の価値を知らないまま、不動産屋に売却をお願いした場合、売主の事を真剣に考えてくれる業者であれば、それ相応の対応で売却活動をしてくれるでしょうが、悪質と言わないまでも自社(営業担当者)の利益追求を考える営業担当者がついた場合、低い価格で売られてしまう可能性があります。

通常、家を売る場合、不動産会社に行って査定→媒介契約を結び仲介してもらう→売り出し価格を決定→売り出し開始→内覧希望の問い合わせが来る→実際に内覧→購入希望→売買契約→物件の引渡し と言った流れで進んでいきます。まずは不動産会社に査定してもらうのが売却活動の始まりです。

もしも最初に訪問した不動産会社が良さげで好印象だった場合、次のステップとして媒介契約を結んで仲介をお願いしてしまいそうですが、ここが成功か失敗かの分かれ道の可能性があるので注意してください。

「どうして分かれ道となるのか?」ですが、最初に訪問した不動産会社の査定が、果たして信用・信頼して良い査定額なのかどうかわからないからです。

例えばですが、最初に訪問したA不動産会社が2800万円の査定見積もりだったとします。この金額が高い、低いと思うのかは、売主がどのくらいで売れそうと考えていたかによって異なりますので一概には言えませんが、もし「こんなに高く売れるんだあ」と思ったとしたら、その不動産会社を信用して仲介を依頼する可能性がありますよね。

しかし、もしも他の不動産会社に査定してもらって、B不動産は2700万円、C不動産は2850万円、D不動産は3000万円、E不動産は2900万円の査定見積もりだった場合、あなたはどう感じますか?

A不動産は感じの良い方で親切そうだったからお願いしたいと思っていたとしても、契約を結ぶかどうかは考えますよね?

他社にも査定を依頼している事を知っている場合、少し査定価格が高くなる事はありますが、A不動産とE不動産との差は300万円です。

さすがに売却額が300万円違うと高く売れる方に依頼したくなってしまいます。

このように家の価値がどれくらいなのか?についてはプロである不動産業者に査定依頼しても査定額が異なる場合が多いです。基本的には不動産業者だけが見れる実際の取引事例などから算出した査定額なのですが、そこにそれぞれの経験を元に算出されますので違いが出てくる訳です。

そのまま売っていたら、300万円損す事もありえますので、価値、相場をまず知る事が重要なんです。

家の価値を判断するなら客観的に判断できる基準が必要

上記で価値、相場を知らないと失敗する可能性が高い事がわかったと思います。1社だけで決めてしまうと、価値を判断する基準がないため、その価格が高いかどうか判断ができません。そのため、複数の不動産会社に査定依頼をする事で、依頼した数だけ、価格を比較できるので、ある程度、物件の相場がわかると思います。

また、近隣で売られている物件の価格なども参考にしてみると、相場価値がわかりやすくなるはずです。

不動産売却は何度も経験する話しではなく、多くの方が初めての経験となるので、何から手をつければいいのか?どうすれば高く売れるのか?どうすれば損せずに売れるのか?わからない事だらけです。

まずは査定依頼をして、自分の家がどのくらい価値があるのか?売れるのか?を客観的に判断する基準を作りましょう。

そうすれば、少なくとも相場よりも低い価格で売ろうと考えている不動産会社を見抜けますし、損する可能性が低くなると思います。

家を高く売るなら不動産の査定価格について知っておく